斎藤鈑金工業所

斎藤鈑金工業所

各種金属加工・ステンレス等の
銅板類プレス

1つめを創る 試作品制作チーム

技術力は品質力
職人たちの力と技がつくる
絶対的なクオリティ

岡山県久米郡。この地で長きにわたり、各種金属からステンレスの打ち抜きや加工まで、機械・製品の様々な加工を担い続けてきた斎藤鈑金。その品質を支えるのは職人たちの持つ高い技術力と品質管理への飽くなき探究心。お客様が理想とされるクオリティの実現を、斎藤鈑金の職人たちが、全力でサポートいたしますので、ぜひご相談ください。

岡山県久米郡。この地で長きにわたり、各種金属からステンレスの打ち抜きや加工まで、機械・製品の様々な加工を担い続けてきた斎藤鈑金。その品質を支えるのは職人たちの持つ高い技術力と品質管理への飽くなき探究心。お客様が理想とされるクオリティの実現を、斎藤鈑金の職人たちが、全力でサポートいたしますので、ぜひご相談ください。

プレス機械の中に金型と呼ぶ一対になった工具を取り付け、その間に金属などの素材を入れて大きな圧力を加え、素材に金型の形状を写すことにより成形するものです。つまり、押し付ける力で材料を曲げたり伸ばしたりして金型のサイズどおりに変形し、その形を永久に維持させるようにする加工技術です。
タレパン加工とは(NCT加工とは)、主に鋼板やステンレス板、アルミ板などの薄鈑金属(鈑金材料)を、通称”タレパン”或いは”NCT”とも言われるタレットパンチプレスというプレス機械によって行う打ち抜き加工・成形加工のことを言います。薄板の一般鈑金加工・精密鈑金においては、曲げ加工を行う前の平板の外形形状の抜き加工(ブランク加工)の加工方法・手段として、試作から量産まで最も良く用いられる鈑金加工方法の一つです。基本的には、薄板鈑金材料を金型によって主に打ち抜きなどのプレス加工行うものですが、所定の形状を加工するための専用の金型を必要とせず、タレット内に収納された汎用金型(丸型・角型・長角型・長丸型・異型等)を組み合わせて連続的にプレス加工し、任意の形状に抜き加工・成形加工を行います。
通常、金属板を一定角度で直線的に曲げる加工には、プレスブレーキ(ベンダー)を使用します。この機械では、機械フレーム下部にV溝加工されたメス型(ダイ)を固定し、このメス型に上下するオス金型(パンチ)を押し込んで加工を行います。
通溶接しようとする2枚の金属材料を接触させ、接触部を加圧しながら大電流を流すと電気抵抗により材料が発熱、局所的に溶融して接合される加工です。
材料に応じて、接合部が連続性を持つように、熱又は圧力もしくはその両者を加え、さらに、必要があれば適当な溶加材を加えて、部材を接合する加工です。

制作実例

一覧を見る
TOP